ロンドン・ブルー・トパーズ

天然石を売る業者には、「宝石質」の美しい石が同時に売られていることが多いです。

厳密には「宝石とはなんだ」という定義がそこまでしっかりとあるわけではないようで、宝石と呼べるものについては、美しさや希少性、耐久性などが揃っているものというようになっています。

ダイヤモンドは、硬度10と最も硬いので、よく丈夫さなどでダイヤモンドが基準とされたりしますね。

このコードは、モースコードといって、”あるものでひっかいた時の傷のつきにくさ”の目安となっています。

ダイヤモンドは傷つかないとかよくいいますよね、アレです。

ちょっと横道にそれましたが、こんな風に宝石と堂々と呼べるものはそう多くはありませんが、その他にも美しい石はたくさん存在しますよね。

そのような石を宝石質(宝石に準じる美しさを持つ石)として、取り扱っています。

今回仕入れたロンドンブルートパーズも鮮やかな濃い色のオーバルファセットカットの石です。

トパーズは、さまざまな色がありますが、売られている石の中で自然に出来たものはほとんどありません。含まれているフッ素やアルミニウムの量などで色のパターンがOHタイプとFタイプの2種類に分類され、ブルーのトパーズはFタイプの石を照射処理(エンハンスメントといいます)をして、淡く美しいスカイブルートパーズやはっきりとした色のロンドンブルートパーズなどが生まれます。

このことから、エンハンスメントされたトパーズを天然石と呼ぶのは違うと思いますが、多くの石がなんらかの処理をされていることを考えると、天然石を加工して出来た石と思えば良い感じですね。

石の含有物に対してなんらかの処理をして、様々な色を出すわけですから、品種改良みたいなものだなと私は思っています。

天然でも養殖でも、美味しいお刺身が食べられればそれでいい!(笑)

ということで、その意味での天然にはこだわる必要はないと思います。

今回、とっても綺麗なロンドンブルートパーズのオーバルファセットカットの石を仕入れました。ここまで綺麗だと卸でも結構なお値段がしてしまうのですが、本格的に色々とジュエリーを取り扱うことに決めたので、それは仕方がありません。

シルバー925と合わせて、可愛いシンプルなリングになりました。

実を言うと、最後の磨き処理がまだ終わっていないんです(笑)

研磨剤の種類で買うのを忘れていたものがあり、途中まででストップしております。

どこか間が抜けているので、嫌になりますよ。

実際にはもっとシルバーが輝くように磨いて完成です。

f:id:ajamin_happy:20220417042213p:plain

早く磨きたい!



 

淡水・本真珠のネックレスとピアスをご紹介

アコヤパールでやられたので(笑)、今度は淡水パールの本真珠でAAAクラスのものを仕入れました。

セミラウンドですから、真円ではありませんが、粒の大きさのバランスもちょうど良いものです。照りも綺麗ですし、ゆがみも大きなものはありません。

自然由来の傷などはありますが、真珠は傷も個性と捉えますので、そのまま作品として販売します。半円の可愛いピアスと合わせたら素敵だなとピアスも作りました。

少しピンクの輝きもあるタイプです。

7~7.5mmの小粒なパールの半円タイプです。

真珠と真珠の間にシリコンクッションを入れ、大きさのバランスを考えて作りました。

f:id:ajamin_happy:20211228010025p:plain

着脱が容易なゴールドのマグネットのクラスプを使って、ゴージャス感を出しています。ピアスの金具は地がシルバー925(スターリングシルバー)の18金メッキです。

さりげなく高級感のある作品に仕上がりました。

f:id:ajamin_happy:20211228010308p:plain

材料:淡水パール(7㎜~8㎜)、ワイヤー、シリコンクッション
色:ホワイト
形状:セミラウンド
長さ:約43㎝(金具部分除く)

※天然由来の傷がありますが、縞はほとんどありません。
※ピアスは、別売りです。

天然石の世界では、真珠もストーンに入っています。

白い真珠は、深いやすらぎを意味し、また真の幸福を見つける後押しをしてくれると言われています。

淡水パールのブレスレット

クリスマスといっても、何の予定もありませんで、家でダラダラしております。

といっても、実を言うと「自宅工房化計画」実行中なので、道具やらなにやらを調達すべく、ネットサーフィンにいそしんでおりました。

耐火レンガも必要だったのですが、400円くらいで買えるものなのにネットだと送料が880円もかかるので、車でホームセンターに連れて行ってもらい、2個買ってきました。

重くて腕がちぎれるかと思った(笑)

でも、2個で500円しなかったので、ネットでなんて買わなくて良かったと思いましたよ。

それ以外の道具とかは主にAmazonで買って、まだまだ必要なものはたくさんあるのですが、一度にはとても買えないので、来年のお楽しみになります。

帰ってきて、先日作った渋い染色パール(地は淡水の本真珠です)を使ったブレスレットを梱包しました。

これはクリスマス・ギフトで差し上げるのですが、我ながら可愛いなぁ~と。

写真だと暗いですけど、濃いグレーの地に色々な色が虹色に光って綺麗なんですよ。

f:id:ajamin_happy:20211224224102p:plain

淡水パールを使って。

f:id:ajamin_happy:20211224224142p:plain

箱に入れてオーガンジーの袋に。

 

アコヤパールのネックレス ~シンプル イズ ザ ベスト~

真珠のことを勉強すると、本当に奥が深いものだということがわかりますね。

ほとんどが養殖で育てられているものですが、真珠の核を貝に入れ込む時に素人がやると貝が死んでしまうほど繊細なんだそうです。

巻きなど綺麗に仕上がるかもありますが、その出来栄えがどうかでお値段も決まるようですね。

今回、真珠と言えばアコヤ貝から採れるアコヤ真珠というくらい、とても有名な真珠のバロック仕入れ、冬なので両面ベルベットのリボンでネックレスを作りました。

ソフトワイヤーにしたので、しっかりした作りのネックレスです。

ただ、アコヤパールはグレードが色々あって、ロットなどの違いでも結構違うようなのですが、傷やゆがみはバロックの特徴として良いとしても、剥がれがある粒もあり、売り物には出来ないなぁ~とちょっとがっかりしました。

でも、なかなか可愛く出来たので、黒いセーターにでも合わせて、自分で活用したいと思います。

f:id:ajamin_happy:20211217021040j:plain

アコヤ真珠

 

淡水パールのゆがみがジュエリーの個性です。

真珠の講座で講師の方が、

「普通は、歪みや傷はダメなものとされますが、真珠の場合は歪みや傷は《個性》と捉えます」

と話されたのが印象的でした。

淡水パールを加工したパーツは、まさにその個性満載。

落ち着いた色のタッセルと合わせて、上品なピアスに仕上げました。

こちらは、イヤリングにも変更可能です。

f:id:ajamin_happy:20211212021814p:plain

タッセルが映える

 

和柄のかんざし

光陰矢の如し。

本当に、月日の経つのは早いです。

今日は、電車に乗ってパーツの仕入れに行ってきたのですが、店を見て回った時、かんざしがあったんですよ。

それで、考えてみればもう正月やん!ということで、パーツを購入して天然石と合わせてかんざしを作ることにしました。

和柄の転写ビーズをメインに、小ぶりな天然石を追加。

大きめのタッセルもつけて、本当に可愛いかんざしが出来ました。

写真は、ブルーのビーズ(14㎜)で、ネイビーのタッセル(写真だと黒っぽいですが、実際は濃い綺麗なネイビーです)とブルーの翡翠を付けました。別のパーツであと3つ作る予定ですが、可愛いので追加で作ろうか迷い中です。

ワンポイントで付ける天然石も迷いますね。

 

f:id:ajamin_happy:20211204234937p:plain

14㎜のビーズは存在感あり

f:id:ajamin_happy:20211204235001p:plain

本物の翡翠がついてます。

 

オリジナル・ギフトボックス

ショップのオリジナル・ギフトボックス。

ピアスや小ぶりなペンダント用の小さなボックスとセットでギフトにしたい時に使える15㎝角の大きめなボックスです。

オリジナルなので有料ではありますが、お買い上げ金額によっては無料となりますので、ショップがオープンしたら、ぜひチェックしてくださいね!

f:id:ajamin_happy:20211202011812p:plain

なかなか良い感じ